CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

archives

愛媛心理カウンセリングセンター

ホームページはこちらから
2019.05.17 Friday

口教3-2

0

    「身体障がい者を見て笑わないことです。

     

     そして、他所から人が来た時や帰る時に、陰で笑わないものです。

     

     昔、日本においても中国においても、人の見た目が悪いのを笑って、

     

     足が悪くて歩くのが不自由な人や身体障がい者を笑って、

     

     その笑われた人が怒って笑った人を殺して、

     

     そればかりか家や国まで滅ぼした事の多いことです。

     

     最近、私が知り合った人で、梅毒によって鼻の骨が破壊された人がいますが、

     

     他人が見て笑うのを酷く悔しく思い、執念深く恨みに思っていました。

     

     まことに恐ろしいことです。

     

     また、人が出入りするのを見て笑って、恨まれて災難に遭う人もあります。

     

     これは特に、奉公する女性に多くあることです。

     

     強く謹んで、必ず必ず、そのような時に笑うことのないようにしなさい。」

     

    時に子供は人の変わった姿を見て、好奇の目で見て露骨に笑うことがあります。

     

    これは子供の人生経験の浅さゆえに起こることです。

     

    その時でも、子供は親や周囲の人からたしなめられます。

     

    しかし今の世の中では、大人自身が不幸な人を笑い馬鹿にします。

     

    差別的な言葉も平気で遣います。

     

    子供も人をいじめますが、大人も人をいじめるのですね。

     

    品位の無いことですね。


    | 1/15PAGES | >>